源泉徴収所得税 特例納付のご案内

2017.6.8

源泉徴収所得税とは、毎月支払う従業員の給与(所得)から差し引いた所得税を従業員に代わって事業所が納付しているものです。
この源泉徴収税は基本的には毎月納付するものなのですが、給与を支払う人数が常時10名未満の会社は、半年に1回まとめて納付する特例が認められています。
 毎年1月~6月に支払った給与分の所得税を翌月の7月10日までに金融機関等で納める事になっています。
 賃金台帳など給与の支払金額のわかるもの、納付書をご持参の上、商工会までお越しください。
尚、今年は7月10日(月)が納付期限となっています。
☆納付期限を過ぎると延滞税等が課税される場合がありますので、ご注意ください。